GK育成への

「こだわり」

ゴールキーパーは、
「専門職」です。
GK専門の指導を受ける事でプレーのクオリティは抜群に高めることが出来ます。しかし、中々指導者の数が足りておらず育成年代において定期的に専門のトレーニングを受ける機会がある選手が限られているのが現状です。

GKって不人気なポジション??

昨今日本では「育成年代においてGKは人気がない」と問題提起されています。
が、私の指導現場での経験として決してはじめから「人気のないポジションではない」と感じております。
小学3~4年生ぐらいまでの選手たちは
むしろ「GKをやりたい!」と積極的に手を挙げて取り組んでくれています。
それでは、なぜGKは「子供に人気が無い」という印象・イメージがあるのか。
おそらくある時期を境に「GKをやりたくない」という気持ちが芽生えているのではないでしょうか?
「やりたくない」のには理由があります。
そしてそれは「大人に責任がある」と私は考えております。
子ども達の純粋な「GKをやりたい」「GKが好き」という気持ちを大人が踏みにじることなく守り、共に歩んでいく。
皆さんの周りには、「信頼できるGK(仲間)」は居ますか??

GKは唯一無二の存在

ボールを止める喜び、皆のゴールを守る責任感。
GKは「唯一無二の存在」です。
しかし、チームのトレーニングの中でGKコーチが居ないと、
シュート練習以外「放置」され、試合に出てミスをして怒られてしまう。
こんな経験はございませんか??
「やり方がわからないのに、教えてもらえない」
「GKの難しさを理解してもらえない」
チームでGKが自分だけで、「比較できる仲間やライバルが欲しい」
そんな方々に、GKとしてのスキルやテクニックだけではなく、
とても大切な要素であるメンタル、身体操作、タクティクスを、
JFA公認の指導者資格を持ち、ドイツでのプレー経験のあるコーチが
責任を持って伝えます。